時々文具

時々文具

文房具に関連した記事が中心です。コメント歓迎

無印良品 ハンドシュレッダー

今回はシュレッダーです。いつもペンだと飽きますしね。

これまではシュレッダーなんて日常生活で、家庭で使うことなんて滅多にないだろうと思っていました。ところが最近になってクレジットカードの明細が葉書で送られてくるため地味に処理に困るようになりました。

そこで無印良品のシュレッダーを購入しました。
これを選んだ理由は単にデザインが良かったからです。よく売っているかき氷機みたいなデザインのやつはなんとなく家に置きたくなかったのです。

f:id:nisix:20180819205003j:plain

定価990円
無印らしいシンプルなデザイン
細長いバーにペーパーの差込口。サイドにハンドル。

f:id:nisix:20180819205155j:plain

△差込口
葉書サイズくらいの幅の紙が入れられます。厚さはコピー用紙二枚までだそうです。

f:id:nisix:20180819205414j:plain

△紙の排出口

既視感が…ファスナー?

f:id:nisix:20180819210036j:plain

△ハンドル
全体に馴染んだ形状。正直スムーズに回せるわけでもなく扱いづらいです。

f:id:nisix:20180819211242j:plain

△刃

シュレッダーの刃ってこんな感じなんですね。知りませんでした。

f:id:nisix:20180819210837j:plain

f:id:nisix:20180819210912j:plain

△カットした紙
カット幅は3.5mm。試しに5m方眼のメモ帳をカット

f:id:nisix:20180819210956j:plain

△複数の言語の説明書


デザイン優先のため使いやすいとは言えませんが、家に置いておいても違和感のないデザインで手軽に使えます。シュレッダーの使用頻度の高い方には勧められませんが、時々使う程度なら十分かと思います。

ZEBRA Color Flight/ゼブラ カラーフライト

おはようございます。今年は本当に暑いですね。少し外出するだけでバテてしまいます。とはいえ平日は冷房の効いた室内で仕事をしているので快適といえば快適です。

この暑さでブログの更新も滞って…というのはただの言い訳です。7月の記事がぎりぎりになってしまいました。

 

さて、文房具にどれくらいお金をかけられるかは人によると思います。必要最低限であれば100円前後の製品で十分使えます。ただ国内メーカーの製品は低価格高品質でありながら事務用品的なデザインが多い印象です。今回紹介するシャープペンシルは比較的手に取りやすい価格でありながらデザインもそこそこまとまっている製品です。

 

f:id:nisix:20180625222023j:plain

ZEBRA Color Flight/ゼブラ カラーフライト

サイズ:(全長)145.8mm×(最大径)9.5mm

重量:9.8g

芯径:0.5,0.3

カラーバリエーション:

(0.5mm)ホワイト、ブラック、チョコレート、クリアブルー、ライムグリーン、クリアイエロー、コーラルピンク、クリアピンク、クリアレッド、スターダストブルー、ターコイズブルー、スノーホワイト、サンオレンジ、ラブリーピンク、ローズレッド、ピュアパープル

(0.3mm)ホワイト、ブラック、チョコレート、スカイブルー、ライムグリーン、コーラルピンク

f:id:nisix:20180625222245j:plain

f:id:nisix:20180625222219j:plain

f:id:nisix:20180625222313j:plain

△口金(写真1枚目:0.5mm 2枚目:0.3mm)

なんとなく製図用シャープペンシル風の口金。

 

f:id:nisix:20180625222352j:plain

△グリップ

鉛筆のような六角軸に横方向の溝

 

f:id:nisix:20180625222427j:plain

△クリップ

かなり簡単に取り外しができます。クリップを外すと鉛筆らしさが増します。

 

 

f:id:nisix:20180625222525j:plain

△ノックキャップ

繰り出し式の消しゴムがついています。消しゴム自体は小さめですが、緊急時に使う分には十分でしょう。ノックの感触はよく言えば軽い、悪く言えば安っぽさを感じます。

 

f:id:nisix:20180625222618j:plain

△チャック

金属チャックです

 

f:id:nisix:20180625222708j:plain

f:id:nisix:20180625222727j:plain

どことなくぺんてるのP200に印象が似ています

 

〈使用感〉

安い、軽い、癖がない、という印象です。ただ自分はぺんてるのP200あたりと比較してしまいグリップの凹凸がどうにも手にしっくりこないです。とはいえ買いやすい価格でカラーバリエーションも多く手を伸ばしやすい商品なのかな、と思います。

〈小話〉文房具の限定品の話

こんばんは

もう六月も終わりますね。ちょっと前まで暑かったり寒かったりおかしな気候で服装に困っていましたが、やっと安定して暑くなってきました。

いつもブログは淡々と文具を紹介している(つもり)なのですが、今回はちょっとした小話というか雑談をしようかと。

 

限定品ってお好きですか?世の中では様々なジャンルで限定品とよばれるものがありますよね。

洋服、時計などの身につけるものや、映像作品やCD、おもちゃ…。限定の種類も初回限定、期間限定、店舗限定、海外限定、イベント限定、購入者限定…

文房具にも結構限定品があって、コレクターの方で熱心に集めている方もいると思います。代表的なのものでぺんてるSMASHなんかがありますね。

f:id:nisix:20180624200613j:plain

f:id:nisix:20180624200729j:plain

△限定カラー(店舗限定、期間限定など)

文房具の限定というと色を変えるくらいで、製品そのものは同じものなので正直ひとつあれば十分だとは思いますが、ついつい買ってしまいます。

自分はぺんてるとゼブラのものを良く買っている気がしますが、PILOTのDr.Gripや三菱のクルトガもよく限定カラーを販売している印象です。

 

f:id:nisix:20180624200831j:plain

△キャラクターコラボ

キャラクターコラボだと多いのがファンシー系のキャラクター文具が多いと思います。この手の限定はコラボしている作品やキャラクターも好きじゃないとなかなか手が出せないと思います。

 

f:id:nisix:20180624200951j:plain

△海外限定(逆輸入品)

これは限定とちょっと違う気がしますが…。海外限定品だと仕様が違うものがあったりして集め甲斐がありますね。

 

お察しの通り自分は限定品が好きです。アニメや特撮作品なんかも観たりするので文房具に限らず限定品につられることはよくあります。

収集癖があるので仕方がないと思う反面、限定品に無条件に手を出すのは決してよいことではないなと日々反省しています。

限定に惑わされず、それが本当に自分にとって必要なものか、欲しいものか良く考えられる大人になりたいと思いつつなかなか実行にうつせないもどかしさを感じています。

 

【Re】STAEDTLER 925 25・35/ステッドラー 925 25・35

※こちらの記事は2016/1/19に公開した記事を一部修正・加筆したものです。この記事の公開に伴い、以前の記事は非公開となりました。

今回紹介するペンは、自分の好きなシャープペンシルのひとつ、STAEDTLER 925-25/35です。以前から筆箱紹介の記事で登場していたかなり気に入っているシャープペンシルです。デザイン・価格・使い勝手が良いペンです。

前置きはこの辺にして、レビューしていきたいと思います。

f:id:nisix:20180506180511j:plain
STAEDTLER 925 25/35
定価:1260円
芯径:0.3、0.5、0.7、0.9、1.3、2.0
材質:〈ボディ〉アルミ
サイズ:〈0.3~0.9〉143×8×12mm 〈1.3、2.0〉143×8×12mm
重量:〈0.3~0.9〉17g 〈1.3、2.0〉21.5g

アルミ製のボディがいかにも製図用の雰囲気です。見た目は堅いですが触ってみると思いのほか軽く太さも丁度良いので手にフィットします。

ステッドラーの925シリーズは他にも925や925 65、925 15があり、この925 25はそのなかでも最上位モデルとなります。廃番になったものでは925 85 REGというものもありました。
品番によってカラーリングが異なり25=シルバー、35=ナイトブルーとなっています。ナイトブルーはステッドラーのイメージカラーですね。
以前はブラックもありましたが廃番となりました。ここ最近は東急ハンズ紀伊国屋などの「店舗限定カラー」が複数販売されています。(赤・黒・ゴールド・グリーンなど)

f:id:nisix:20180506181414j:plain

f:id:nisix:20180506181446j:plain

△ロゴ
結構目立つ場所にJAPANの文字が…。STAEDTLERは様々な国で製造を行っていて日本製もあります。日本製だからこそ店舗限定カラーも販売しやすいのかもしれません。

f:id:nisix:20180506201020j:plain

△グリップ
そこそこ粗い、ヤスリのようなローレット加工。加えて12本の溝があります。自分は好きです。

f:id:nisix:20180506202920j:plain

ぐっと寄ってみます。汚くて申し訳ないです。

f:id:nisix:20180506203128j:plain

f:id:nisix:20180506203307j:plain

△口金
製図用らしい形でガイドパイプは4mm。グリップとのつなぎ目にローレット加工が施されています。

f:id:nisix:20180506203641j:plain

△硬度表示窓

グリップ部分を緩めることで表示を変えられます。印刷ではなくシールです。

f:id:nisix:20180506204223j:plain

f:id:nisix:20180506204335j:plain

△ノックキャップ/芯径表示
芯径によって数字の色が違います。925 35は芯径に関わらずシルバーに統一されています。

f:id:nisix:20180506204534j:plain

△クリップ

ごく普通のクリップです。
ステッドラーの象徴マルスヘッドが刻まれています。

f:id:nisix:20180506205158j:plain

△チャック

金属チャックです

f:id:nisix:20180506205307j:plain

△分解

 

▽以下おまけ

f:id:nisix:20180506205520j:plain

△925 25-05VA Version SHIKINAMI ASUKA LANGLAY

数年前に販売された新世紀ヱヴァンゲリヲンとのコラボデザイン

夏のコミックマーケットで先行販売され、その後専門のショップで販売されました。

f:id:nisix:20180506205926j:plain

f:id:nisix:20180506205943j:plain

f:id:nisix:20180506210001j:plain

f:id:nisix:20180506210020j:plain

△アニメーションに登場するキャラクターや兵器をイメージしたデザインになっています。(弐号機の"2"とか)

f:id:nisix:20180506210343j:plain

そっくりさんにプラチナのPRO-USEがあります。OEM元が一緒なんでしょうか。

ZEBRA DelGurad/ゼブラ デルガード

5月になりましたね。ゴールデンウィーク、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。今年は最大9連休とのことで、根っからの仕事嫌いな自分は9日間も休んだら二度と仕事に行きたくなくなりそうです。

ここ最近はぺんてるのorenzを立て続けに紹介していましたが、今回は似たジャンルのシャープペンシルを紹介します。

 

f:id:nisix:20180224010915j:plain

△ZEBRA DelGurad/ゼブラ デルガード
サイズ:137.3mm×Φ10.3mm
重量:10g
芯径:0.3,0.5,0.7
カラーバリエーション:
(0.3)ブラック、ブルー、ルミナスバイオレット、ルミナスブルー、ルミナスピンク、ホワイト
(0.5)ブラック、ブルー、ライトブルー、ライトグリーン、ライトピンク、ホワイト
(0.7)ブラック、ブルー、ブライトブルー、ブライトグリーン、ブライトピンク、ホワイト

"芯の折れないシャープペンシル"の中でも知名度の高い製品。orenzはそもそも芯を出さないことで折れることを防いでいますが、デルガードは筆圧に対してアプローチしています。
縦方向の力にはクッション機能によって筆圧を逃がし、斜めの方向に加わる力に対しては口金がせり出して芯を守ります。公式ではノック三回までであれば折れないそうです。

 

f:id:nisix:20180224011134j:plain

f:id:nisix:20180224011235j:plain

△口金周辺・先端部
これはどこからが口金でどこまでがグリップなのか…
より先端に近い場所にあるスプリングが口金の上下の動きを制御しています。(先端の金属パーツが動きます。)軸に近いスプリングはクッション機能のものです。

 

f:id:nisix:20180224011303j:plain

f:id:nisix:20180224011319j:plain

△クリップ・ノックキャップ
この価格帯かつ中高生向けの製品にありがちな樹脂製のクリップです。デルガードはノックの感触が異様に固いのがいまいち

 

f:id:nisix:20180224011409j:plain

f:id:nisix:20180224011423j:plain

△チャック
小さなチャックです。先端部をとってすぐにチャックが露出するわけではなく、パイプのような部品(芯詰まり防止の部品?)を外すとチャックが現れます。

 

f:id:nisix:20180224011449j:plain

△分解

 

〈感想〉
イロモノ系かと思いきやクルトガのように中高生に人気なようです。確かに使ってみると全然芯が折れません。ただデルガードシステムが作動すると口金が動くので、書きやすいとは言い難いです。(某メーカーの後発品よりはマシですが)折れなくてもどの道気が散るような…慣れなのでしょうか。

 

〈追記〉

なんとか最低月に一回のペースでブログ更新できていますがいつまで続くか怪しいところです。こんなさっぱりしたブログでも意外と大変なんですよ。

ぺんてる オレンズ メタルグリップ/pentel orenz metal grip

新年度になりやっと暖かくなってきましたね。それでも時々寒い日があって着る服に困ります。

最近は花の写真やスナップを撮ることが多くて文房具などのブツ撮りは控えめになっています。

世間話はこのへんにして文房具の紹介です。

f:id:nisix:20180211002456j:plain

・今回紹介するペンはorenzの1000円モデル、オレンズメタルグリップです。1000円となるとちょっと良い製図用シャープペンシルが買えるくらいの価格ですね。デザインも通常のオレンズと異なって製図用を意識したようなものになっています。

 

f:id:nisix:20180211002617j:plain

ぺんてる オレンズ メタルグリップ/pentel orenz metal grip

サイズ:13×10×145mm

重量:14g

芯径:0.2,0.3,0.5

カラーバリエーション:

(0.2,0.3)ホワイト、ネイビー、シルバー、ブラック

(0.5)ブラック、レッド、スカイブルー、シルバー

発売日:(0.2,0.3)2016年1月(0.5)2018年1月

 

f:id:nisix:20180211002840j:plain

△軸

グリップは金属製ですが、軸は樹脂製。

 

f:id:nisix:20180211002924j:plain

 

△口金

orenzお馴染みの絞ったような形状の口金。ラバーグリップと同じものが採用されています。

f:id:nisix:20180211003150j:plain

初期のものにはなかったのですが、ここ最近の製品には根本にゴムリングがついていて、口金の緩みを防止しています。

 

f:id:nisix:20180211003228j:plain

△グリップ

金属製のグリップ。orenzシリーズ共通の輪状の溝が細かく刻まれています。樹脂軸の上から金属製のグリップが覆っている状態になっています。一部モデルは塗装あり。

 

f:id:nisix:20180211003354j:plain

△クリップ・ノックキャップ

 

f:id:nisix:20180211003421j:plain

△チャック(0.2)

 

f:id:nisix:20180211003626j:plain

△チャック(0.3)

 

f:id:nisix:20180211003700j:plain

△分解

基本的な構造はorenzやorenz ラバーグリップと同じです。

 

〈感想〉

・メタルグリップとはいえ、特別重量感があるわけではなく使いやすい重さだと思います。ただグリップはローレットの割には滑ってしまいます。限定色や0.5mmモデルのように塗装が施されたグリップは比較的ホールドしやすいです。

・通常のorenzは先細りの形状が持ちやすかったのですが、メタルグリップはストレートな形なので、やや手に馴染まなかったです。

・デザインは好きなのですが、ベーシックなorenzに比べて使用頻度は低いです。

ぺんてる オレンズ ラバーグリップ/pentel orenz rubber grip

あれだけ降り積もった雪もすっかり溶けて、少しずつ春を感じられるようになってきましたね。さて、気づかれている方はいないと思いますが以前の記事でお伝えしたとおり、ブログの一部の記事が整理されて見られなくなっています。申し訳ありません。

 

閑話休題

 

前回の記事でorenzを紹介しましたが、今回もorenzです。 

 

f:id:nisix:20180211190514j:plain

ぺんてる オレンズ ラバーグリップ/pentel orenz

サイズ:13×11×145mm

重量:11g

芯径:0.2,0.3

カラーバリエーション:オレンジ、ブラック、ホワイト

発売日:2015年

’’芯の折れないシャープペンシル’’orenzのラバーグリップタイプ。残念ながら数年前に生産終了。廃番になったのは割と最近なのでまだまだ店頭で見かける。

 

f:id:nisix:20180211190954j:plain

f:id:nisix:20180211191010j:plain

△口金

orenzメタルグリップと同じもの。

 

f:id:nisix:20180211190747j:plain

 

△グリップ

軸に対してやや太めのグリップ。中央が膨らんだ形状です。

orenzシリーズ共通の輪状の溝が入っています。

ラバーグリップの中でも比較的ベタつかない素材。

 

f:id:nisix:20180211191225j:plain

△クリップ・ノックキャップ

orenzシリーズ共通

 

f:id:nisix:20180211191138j:plain

△チャック

 

f:id:nisix:20180211191250j:plain

△分解

 

〈感想〉

前述した通りラバータイプは発売して間もなく生産終了してしまったorenzの中でも短命だったシリーズです。"芯の折れないシャープペンシル"orenzが欲しいと思ったときに、多くの人はあえて100円高いラバーグリップを選ばないのかもしれません。

ラバーグリップが苦手な自分でも、このペンはベタつかず持ちやすかったので割と気に入っていたのですが…。(学生時代は手書きの記録が多かったのでお世話になりました)

 

nisix.hatenablog.com