日々文具

文房具に関連した記事が中心です。鉛筆図鑑製作中です。コメント歓迎

rotring 600/ロットリング 600 0.5mm シャープペンシル

日曜日が終わりますね。明日からまた学校です。

昨日のrotring300の記事でrotringのことを「個人的に思い入れのあるメーカー」と話しましたので、今日はrotoring600を紹介したいと思います。

僕とrotringの出会いは、中学生の頃です。歳の離れた兄がrotring500をくれたのが始まりです。その時は、なんとなく恰好いいシャープペンシルだな、と思っていました。

その後、高校生になりrotring600のことを知りました。シルバーモデルを見て一目惚れでした。なんて恰好いいんだ、と。

その後、憧れ続けて高校卒業後に奮発して買いました。すごく嬉しかったことを覚えています。

 

では紹介していきましょう。

f:id:nisix:20150913222914j:plain

△六角軸とローレットが工具のようで最高に恰好いいです。真鍮製なので持ってみるとかなり重いです。

 

f:id:nisix:20150913223602j:plain

△ローレットはヤスリのように荒いです。

 

f:id:nisix:20150913223431j:plain

△僕の持っているものはボディにロゴが入っていません。最近のは書いてあるみたいです。

 

f:id:nisix:20150913223353j:plain

△クリップにはロゴが入っています。

 

f:id:nisix:20150913223549j:plain

△硬度表示窓にもローレットが施されています。もちろんrotringの象徴である、”赤い輪”も

 

f:id:nisix:20150913223744j:plain

△キャップ部分の芯径表示はかなり控えめです。

 

f:id:nisix:20150913223826j:plain

△許容できる範囲で分解してみました。しっかりした造りです。

 

f:id:nisix:20150913224008j:plain

△書いてみました。書き味としては悪くないです。口金とグリップが一体となっているのでグラつきもないです。

ただ、どうしても重たいので長く筆記することが難しいと思います。

憧れだったペンシルですが、今はほとんど使っていませんね。

芯を軟らかいものにすると良いかもしれません。

 

以上です。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村


文房具 ブログランキングへ