日々文具

文房具に関連した記事が中心です。鉛筆図鑑製作中です。コメント歓迎

CARAN d'ACHE 888 Infinite/カランダッシュ 888 インフィニット(シャープペンシル)

すっかり数ヶ月に一回の更新ペースになってしまいました。

今回はスイスのメーカー、カランダッシュの888インフィニットというペンを紹介します。
このブログでカランダッシュの製品を紹介するのは初めてかと思います。
スイスのメーカーですが”カランダッシュ”はロシア語で「鉛筆」という意味だそうです。
個人的にカランダッシュといえば高価なエクリドールや多くの限定品が存在する849シリーズなどが真っ先に思い浮かびますね。

 

f:id:nisix:20170820154034j:plain

カランダッシュ 888 インフィニット

888は比較的最近発売された商品で、カランダッシュの中では手に取りやすい価格と幅広いカラーバリエーションが特徴です。
長さ:約141mm
軸径:約11.5mm(最大)
重量:約21g


メーカー名が鉛筆ということで、カランダッシュの商品の多くは鉛筆のように六角形になっています。この888も同様です。

 

f:id:nisix:20170820154103j:plain

△口金
結構大き目の円錐形の口金です。軸の樹脂に対してこちらは金属製でペンに程よい重みをもたせています。

 

f:id:nisix:20170820154156j:plain

△クリップ
本体と一体成型になっています。大きめではさみやすいのですが、そのぶん筆記中手に当たりやすいです。

 

f:id:nisix:20170820154215j:plain

△ノックキャップ・消しゴム
ごく普通のストレートなキャップです。なんだかぺんてる製品でこんな感じのノックキャップ見たことあるような……。別物ですけどね。

 

f:id:nisix:20170820154241j:plain

△ロゴ
100周年の際に変更され、鉛筆モチーフの六角形のロゴになりました。

 

使用感としては大きな口金のせいで先端部が遠く感じられて違和感を覚えます。自分はペンの下のほうを持つのでなおさらそう感じるのでしょう。
長い時間書くよりもラフにささっと書くのに向いているように思いました。

 

以上です。