日々文具

文房具に関連した記事が中心です。鉛筆図鑑製作中です。コメント歓迎

ぺんてるQ1005 「スマッシュ」Amazon限定復刻版ウォームグレー/pentel smash

f:id:nisix:20150709220427j:plain

みなさんお久しぶりです。なんだかんだと忙しくて全く記事を書かずにいました。

今回はぺんてる「スマッシュ」amazon限定ウォームグレー復刻版を購入しましたので、久々の更新です。
スマッシュといえばグラフ1000をベースに一般筆記として1986年に発売。その後、長い間愛され続けているロングセラー商品です。
しかしながら私自身、今回初めての購入となりましたので簡単にレビューしてみたいと思います。

 

f:id:nisix:20150709220637j:plain

▲現在はブラックのみですが、かつては様々なカラーバリエーションがあったスマッシュ。正直、ネットで見たときウォームグレーは黒いパーツとのコントラストが不気味で、あまり良い色だとは思いませんでしたが、実際手に取ってみると悪くないです

 

f:id:nisix:20150709220723j:plain

▲やはり特徴的なのはこの「ラバーリブ」というグリップ。真鍮のグリップからラバー素材が飛び出していて、持った感触は他にないフィット感です。しかも口金とグリップが一体成型になっているため、筆記時の安定感の向上に繋がっています。

 

f:id:nisix:20150709220853j:plain

▲ノック部分はLAMY「サファリ」のように蛇腹になっています。これによる恩恵は特にないですが、見た目に個性的になっていますね。

 

f:id:nisix:20150709220940j:plain

▲また、硬度表示窓はカドがあり、勝手に回転しないようになっています。細かい心配りですね。

 

f:id:nisix:20150709221034j:plain

f:id:nisix:20150709221036j:plain

▲ベースとなった「グラフ1000」と比較すると、やはり内部機構が同じですね。クリップも大きさは違いますが形は似ています。

 

f:id:nisix:20150709221109j:plain

▲最後に試し書きしてみました。口金のおかげで 安定感がありますね。全長も短めなのでコントロールがしやすいです。
ただ残念ながら、僕は0.3の芯径を普段使いしていますので、このスマッシュはあくまでコレクション扱いですね。0.3のスマッシュも復刻しないかなあ。

 

※間違った情報がありましたら、コメント欄で教えていただければ幸いです。

 また、ブログに改善点も教えていただければ嬉しいです。